• ロングステイ希望国トップ10 1位は8年連続 マレーシア



2006年から2013年まで8年連続でマレーシアがロングステイ希望国№1にあります。
その理由として
1.アジア地域の人気の高まりがあります。
2.マレーシアの首都クアラルンプールは、日系企業が多く進出しているため、 日本の製品もほぼ手に入ります。
  日系のスーパーもあり、日本とあまり遜色のない生活を送りながらも、 生活費はおよそ2分の1程度ですみます。
3.医療や教育の充実があります。
4.大きな天災(地震や台風)がありません。
5.治安が良く、親日の国です。
6.高度経済成長の真っただ中にあります。

これらの理由でゆるぎないロングステイのトップの座に君臨しています。
マレーシア地図

マレーシアは、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国です。
タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、
シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接しています。
ASEANの参加国です。
クアラルンプール

公用語:マレーシア語
首都:クアラルンプール
最大の都市:クアラルンプール(近郊を含む都市的地域の人口は583万人)
政府:
国王 アブドゥル・ハリム
首相 ナジブ・ラザク
面積:
総計 329,847K㎡(66位)おおよそ日本から九州を引いた面積に相当
人口:
総計(2008年) 2747万人(43位)おおよそ日本の人口から1億人を引いた面積に相当
人口密度 84人/K㎡
通貨:リンギット(MYR)1リンギット=約30円
宗教:イスラム教の国
malaysia.jpg

14のストライプは、14州という意味。
月はイスラム教の国という意味。
星は、14の星から成り立っているという意味で、すなわち14の州という意味。

ストライプの白は、ピュアのハート。
赤は多民族国家マレーシアの人々が仲良く暮らしていこうという意味。
青は、強い国という意味。
  • マレーシア人は親日家が多いのです。

マレーシアの人々は日本と日本人に親密感を抱き、好意的で、快く接してくれる人が多いです。
いわゆる親日派がマレーシア人に多いとよく言われています。

その理由の一つが、アジア金融危機で絶体絶命に陥ったマレーシア経済を日本がお金を出して救ってくれたことが影響しているようです。

日本の関係団体の調査によると、日本人に尋ねたロングステイ先人気番付で連続6年(2006-2011)でマレーシアは第1位にあげられています。
その人気の理由のひとつが親日派が多いことといわれています。